アドラーフォーというサプリを知ったのは、YouTubeを見ているときのことでした。

なんの広告なのかと思えば、

残業が100時間超えているのに給料が15万とか。

アドラーフォーを飲み始めたら滅茶苦茶モテた

どうにも根拠に乏しいものばかりでした。

医師によるとサプリメントは効果があるものはないということ。

サプリメントに効果があるということになると、それはすでに食品ではなく薬のようなもの。

すわなちサプリメントは食品であるおいう考え方でサプリメントが効果を発揮するということはナンセンスな考え方であるのだそうです。

つまりサプリメントが正式な「薬」でない限り効果を実証できない。

薬とサプリメントの大きな違いは副作用などの安全性であり薬は副作用のチェックを行っています。

また薬どうしや飲み合わせになどの調査もすべて行っています。中にはサプリメントの相互作用が影響してか薬の効果がなかったり、別の症状が現れることもあるそうです。

サプリメントは食品の域をでないもので医学的にも実証しにくく、のまずに済むなら飲まない方が良いというの結論の用です。

仮にトクホであれば国がその効果効能をある程度みためたものなので、効果があると記載ができます。

効果が高いサプリであれば薬として認可がおりて保険適用になるはず。

そこでアドラーフォーをよく調べてみると、ハーブが主原料とされていてレモンハーブというものを育成育種という方法で厳選したものから抽出した成分をGABAなどと処方したもの。

またビタミンBなど全体的にマルチサプリメントのような処方となっていました。

このように栄養を補助すると思えば、普通に複合的なサプリメントを飲むのと同様なタイプなことがわかります。

つまりユーチューブの広告で使われているような効果は実現せず栄養補助食品として機能性しかないということ。

たらればの話で恐縮ですが、実際に飲んだことでスッキリできたらそれはそれで嬉しいし、耐ストレスにもなれば会社員としては嬉しい限り。

サプリを飲んでいるなら一度くらいは試してみたいなと正直思ってしまった自分がいました。

GABAを飲むのと同じ感覚といえばいいのでしょうか。GABAはストレスの軽減や事務的な作業による心理的な面もサポートしてくれる前向きになりたいときにいいらしいです。

アドラーフォーも似たようなものな予感がします。

こちらでアドラーフォーのことを書いてあったので読んでみてもいいかもしれません。